ライフステージ別の県民共済の加入方法など、県民共済の活用方法を解説します。

県民共済で準備できる保障

県民共済の生命共済(「こども型」、「総合保障型」、「熟年型」)で準備できる0歳~85歳までの一番大きな保障です。

詳しくはこちら

こどもにおすすめの県民共済

県民共済の「こども1型」(1,000円)は、一般の生命保険などに比べてもかなり充実した保障がセットされています。

詳しくはこちら

こども型の契約者を父親にしたほうが良い理由

県民共済の「こども型」には、契約者(扶養者)が病気や事故で死亡した場合の保障がセットされています。

詳しくはこちら

単身者におすすめの県民共済

県民共済の「総合保障2型」(2,000円)は、入院保障(病気入院:4,500円)と死亡保障(病気死亡:400万)をバランス良く準備することができます。

詳しくはこちら

専業主婦におすすめの県民共済

県民共済の「総合保障2型」(2,000円)は、入院保障(病気入院:4,500円)と死亡保障(病気死亡:400万)をバランス良く準備することができます。

詳しくはこちら

こどものいない共稼ぎ夫婦におすすめの県民共済

県民共済の「総合保障2型」(2,000円)は、入院保障(病気入院:4,500円)と死亡保障(病気死亡:400万)をバランス良く準備することができます。

詳しくはこちら

扶養する家族がいる方におすすめの県民共済

「総合保障4型」に加入した後1年経過した時点で、加入者限定の保障増額コース「生命共済6型」(6,000円)に移行することで、病気で1,370万円、交通事故で2,200万円の死亡保障を準備できます。

詳しくはこちら

県民共済の加入者限定の増額コース

県民共済には、一般向けのパンフレットやホームページには掲載されていない加入者限定の増額コース「生命共済6型」があります。

詳しくはこちら

県民共済へ切り替える時の注意点

県民共済に加入することにより、現在加入している保険を解約したり減額する場合、必ず以下の順で手続きをしてください。

詳しくはこちら

管理人の保険の見直し経験

長年勤めた保険会社を退職した際に、自分の保険を見直しました。

詳しくはこちら